住宅、社屋、店舗、倉庫、工場などの屋根、壁からの雨漏りをゼロにしたい!雨漏り調査、雨漏り検査は三重県四日市市の伊藤鈑金工作所へ!

ホーム>メルマガvol.10「サーモグラフィーカメラを使用した雨漏り検査」

メルマガvol.10「サーモグラフィーカメラを使用した雨漏り検査」

  • share

建物の雨漏りでお悩みの皆様へ
┌┬───────────────────────────2014.01.10
├┼┐
├┼┐ お悩み解決、三重の雨漏り検査.com
├┼┐
└──────────────────── http://amamori-check.com/

~住宅、社屋、店舗、倉庫、工場、畜舎などの屋根、壁からの雨漏りを
ゼロにしたい!という思いで役立つ情報をお届けします~
このメールマガジンは、これまでに弊社社員が名刺交換させて頂いたり、
お問合せをいただいた方々に送信させていただいています。
こちらの勝手で誠に恐縮ですが、ご不要の場合は遠慮なく
このメールの最後にありますURLをクリックして解除をお願いします。
●—————————–—————【Vol.10】——-—–●

目次>>>>■謹賀新年
■サーモグラフィカメラを使用した雨漏り検査
■編集後記

こんにちは。
雨漏り検査検査技師の㈲伊藤鈑金工作所の住田と申します。

外装のプロとして、建物に関する雨漏りやトラブル回避のお役に立てればと
思っております。月1回のペースで配信中。今月もどうぞよろしくお願いします。

では…
「お悩み解決、三重の雨漏り検査~Vol.10」をお送りいたします。

┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃2┃サーモグラフィカメラを使用した雨漏り検査┃
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛

12月は津と四日市で2件の雨漏り検査を行いました。
四日市での検査は、サーモグラフィ技師と雨漏り検査技師2名の計3名で
検査を行いました。

普段の検査でも補助器具としてハンディタイプの簡易サーモグラフィ
カメラを使用するのですが、今回は、漏水状況から広範囲を測定可能
なサーモグラフィカメラを使用しました。

《今回の雨漏り検査の概要》
・鉄骨造平屋建て 外壁:ALCパネル
・不動産仲介業者様からのご依頼
・床からの漏水
・雨漏りは横風の吹く台風時のみ

今回、広範囲のサーモカメラを使用した理由は、
「タイムラグをなくすため」です。

床からの漏水でも天井からでも、最終的に目視で漏水を確認するのですが、
床からの漏水の場合、軒天やダクトなどの外壁上部から侵入した雨水が、
壁内を伝って床から現れていることがあります。
そのため、雨水が建物内に侵入してから目視確認まででタイムラグが生じて
しまい、特に複数箇所への散水を行う場合に、侵入箇所の特定が難しくなる
ことがあるのです。

漏水状況によって検査方法が変わってきますので、雨漏り検査ご依頼の際は
「どういった状況で雨漏りするのか」などをわかる範囲で具体的にお伝えい
ただけると助かります。

他にも、サーモグラフィカメラを使用して結露の有無や断熱材の偏りなどの
検査も可能です。
またメルマガでご紹介できればと思います。
1月にも雨漏り検査を1件予定をしておりますので、次回ご報告します。

◆今回の検査についてブログにも書いております。
└>>http://blog.livedoor.jp/rfm_ohanashi/archives/34853335.html
(暮らしに工夫を。住田)