住宅、社屋、店舗、倉庫、工場などの屋根、壁からの雨漏りをゼロにしたい!雨漏り調査、雨漏り検査は三重県四日市市の伊藤鈑金工作所へ!

ホーム>雨漏りの原因、悩み

雨漏りの原因、悩み

  • share

雨漏りの現状

「リフォーム相談」における住宅のトラブルに関する相談のうち、「戸建住宅」では「雨漏り」が最も多く、数多くの相談が寄せられています。
雨漏りに悩まれる人は多いのが現状です。
私どももこの検査業務を初めてみて、住まわれているお施主様だけではなく、施工業者の方も本当に困っている現状を知りました。下記の表から見ても、一目瞭然です。

※グラフや表は全て財団法人住宅リフォーム紛争処理支援センター「相談統計年報2018」より抜粋です。
※統計は2017年度のものです。

「雨漏り」の原因は様々です。施工不良によるものから、経年劣化まで。建物の新しい・古いは関係ありません。
新築の建物でも雨漏り相談を受けることが増えてきました。
そして、厄介なのは雨の降り方によっても雨漏りの状況は変わるのです。

また、不具合の多くは築後3年未満までの早い時期に発見され、その後は減少していますが、「雨漏り」については、築後3年未満での相談は約3割であり、年数が経過してからも比較的発現する傾向がみえます。
(図1-42参照)

住宅の取得区分と不具合事象との関係

「リフォーム」の相談において、不具合として多くあげられた事象をみると、「戸建住宅」では「ひび割れ」、「雨漏り」、「変形」の順です。「共同住宅等」では、「変形」、「はがれ」、「性能不足」の順となっています。

雨漏りの主な原因

戸建住宅、共同住宅それぞれにおいても、不具合の相談がある部位は外壁、屋根、床に集中しているようです。

住宅形式と相談件数の多い不具合との関係

 

また、弊社が今まで雨漏り修理&検査をさせていただいた中での雨漏り原因の多くは下記の場所に集中しています。

雨漏りの主な原因