住宅、社屋、店舗、倉庫、工場などの屋根、壁からの雨漏りをゼロにしたい!雨漏り調査、雨漏り検査は三重県四日市市の伊藤鈑金工作所へ!

ホーム>会社概要

会社概要

  • share

 

外観 社  名 (有)伊藤鈑金工作所
所 在 地 〒510-0033 三重県四日市市川原町33-1
電 話 059-331-3731
創  業 昭和2年4月1日
設  立 昭和42年5月20日
代表取締役 伊藤 豪人
資 本 金 300万円
許可番号 三重県知事(般-24)第5254号
従 業 員 9名

 

事業内容

雨漏り検査 ■雨漏り検査
・雨漏り箇所を特定して修理代を減額したい
・第3者として雨漏り箇所特定・原因を追究してもらいたい
・何度直しても、雨漏りが直らない
等、雨漏りでお困りの皆様のお役に立ちます!
一般社団法人 全国雨漏り検査協会に加盟しており、一般社団法人 全国雨漏り検査協会の会員として雨漏り検査業務を行っております。
板金工事業 ■板金工事業
 私達は外装のプロとして、住む人が安全かつ快適に生活していただけるように、常に最適な材料と最高の技術をもって取り組んでおります。大規模な屋根・外壁工事はこちらでお受けいたしております。
リフォーム工事業 ■リフォーム工事業
お客様とのコミュニケーションを通して、住宅や店舗など、お客様が考える理想と、プロからのアドバイスで適切なリフォームを実現します。
住宅や店舗の雨漏り相談はこちらのサイト【リフォーム倶楽部】で承っております

建築鈑金の職人として

 板金は江戸時代の前から錺(かざり)という職種が始まりだと言われています。錺職人は、創意工夫を重ねてさまざまな形を考案し、一枚の板から独自のデザインあみ出し、叩いて絵を描いたり形を作る技術を持っていました。それは、現在も受け継がれています。

その後、明治時代になると、薄い鋼板輸入され、また国内でも製産されるようになり、装飾金物以外にも利用されるようになり、それが金物を扱う業種の総称であるブリキ屋となり、その後、板金職人と呼び名が変ってきました。それに伴い手掛けるものも、社寺仏閣の装飾金物から、一般住宅へと変わっていきました。

一般住宅の中でも、最近はめっきり板金工事が少なくなりましたが、それでも職人の技は受け継がれ、家づくりには無くてはならない技術として引き継がれています。

ISO9001:2008(品質マネジメントシステム)を認証取得

ISO9001:2008(品質マネジメントシステム)を認証取得

 

主な沿革

17年 雨漏り検査業務導入
検査工法(紫外線照射発光テスト国土交通省NETIS登録CB-030017)
屋根.壁のメンテナンス情報サイト【e屋根.ネット】 開設
24年 工場・倉庫・畜舎の暑さ対策・節電対策に【ECO遮熱工法】サイト 開設
ECO遮熱工法 商標登録
三重の雨漏り検査.COMサイト 開設